個別勧奨の再開を受け 子宮頸がん予防ワクチン の予約受付を開始しました

 

 

 

@接種対象者:接種日時点で横浜市に住民登録がある、小学校6年から高校1年生相当の女子(※接種をお勧めする年齢(標準の接種年齢)と接種回数:中学1年生の間に3回)

 

A救済措置(キャッチアップ接種)の対象者:接種日時点で横浜市に住民登録がある、誕生日が平成9年4月2日〜平成18年4月1日の女性で、過去に子宮頸がん予防ワクチンを合計3回受けていない方です。

 

Bワクチンの種類:まで決めていない方は4価のガーダシルがお勧めです。

1)サーバリックス(2価):子宮頸がんの主な原因となるHPV-16型と18型に対するワクチン。初回接種の1か月後と6か月後に追加接種(計3回)。

2)ガーダシル(4価):HPV-16型と18型に加え、尖形コンジローマという病気の原因となる6型と11型の4つの型に対するワクチン。初回接種の2か月後と6か月後に追加接種(計3回)。

 

C接種に必要なもの:予診票(※)、母子健康手帳、健康保険証等(住所、氏名、生年月日が確認できる書類)

※予診票については対象の方には個別に市から郵送されます(6月10日発送予定)。

 

D費用:無料。

 

E横浜市の「子宮頸がん予防ワクチンの案内(ここをクリック)」はこちらです。

 

 

お電話(080−7818−3664)にて予め、時間指定のご予約をお願いいたします。

 

 

 

 

かじがや小児クリニック

 

 

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system