待合室の感染対策環境について

 

広い待合室に加え、@中椅子を置かず、A直接対面のソファーも置いておりません。

Bソファー区間が2ソファーとなるようアクリルパーティションで大きく区切り

C患者間のディスタンスを取って、個室化しております。

D強制陰圧換気に加え、窓を常時、開けて換気効率を上げるよう工夫しております。

 

 

inserted by FC2 system